豊富な温泉と泉質|レンタカーを利用して旅行を楽しむ|温泉地の魅力について知る

レンタカーを利用して旅行を楽しむ|温泉地の魅力について知る

男性

豊富な温泉と泉質

部屋

大分県別府市は、人が入ることのできる温泉の数が世界一だと言われている日本有数の温泉地です。湧出量だけで言えばアメリカにあるイエローストーン国立公園が世界一位ですが、その面積を比べると別府市の温泉の多さを理解することができます。イエローストーン国立公園の面積は8983平方キロメートルと言われているのに対して、別府市の面積は125.1平方キロメートルしか無いと言われているのです。これだけの差があるにも関わらず、人の入れる温泉の数は別府市の方が多いと言われています。国内旅行で別府市に訪れた時には、その数を実感することができるでしょう。なぜなら、別府市に広がる温泉街の至る所から、無数の湯煙が立ち上っているのを見ることができるからです。

別府市の魅力は、温泉の数だけではありません。その魅力は温泉の効能を決める泉質の種類にもあります。泉質は全11種存在しており、普通、泉質というのは1つの地域に1種類しか存在しません。しかし、この温泉地には10種もの泉質が揃っているのです。つまり、一度の国内旅行で様々な効能を得ることができるということになります。各泉質は、8つのエリアに分かれて湧き出ています。その8つのエリアは別府八湯と呼ばれており、「別府・浜脇・鉄輪・亀川・観海寺・堀田・柴石・塚原」の8つがそれに当たります。国内旅行の計画を立てる時には、どのエリアにどういった泉質があり、どういった効能を得られるのかを調べた上で目的の温泉を決めておくと良いでしょう。